女性にとっての社内政治

男女雇用機会均等法が施行されて、女性の社会進出が進んできています。結婚した後も寿退社をすることなく、会社で働き続ける女性も増えてきていますし、また結婚よりもとにかく出世したいと考えている女性も今や珍しくありません。
そんな中で、かつて男性社会における価値観であった社内政治というものを、女性も考察していかなければいけない時代となっています。とりわけ女性の多い職場では、いかに職場の人間関係を円滑に乗り切るかということも大切になっています。男性の場合、一昔前まではタバコ部屋で仕事の話からよりプライベートの踏み込んだ話まで話し、いろいろなコミュニケーションを通じて社内における人材を構築し、同僚や仲間たちと意思の疎通をはかっていました。今ではタバコ自体を吸う人が少なくなってしまったので、タバコ部屋も少なくなってしまいましたが、女性の場合は社内の同僚などで集まって、女子会を開くということが増えているのです。
女子会というのは、いわば女性版タバコ部屋とでも言うべきものであり、その中で他愛のない話をしたり、恋愛や結婚の話をしたりすることで、社内における女性グループ内の評価を構築していける場でもあります。こうした女子会には、女性の社内政治のためにも是非とも毎回参加したいところです。参加しないと、いわば欠席裁判となってしまい、評判を貶めてしまうということもありますので、できるだけ参加をし、女性の同僚に親しみやすさを感じてもらったりしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です