社内政治で昇進できる会社選び

女性として会社で働き昇進をしていくというのは、茨の道になってしまいがちであるということは否めません。男性が職場において優先される文化が続いてきたこともあって、その影響が根強く残っている会社が依然として多いからです。
昇進や昇給においても未だに男性が優遇される傾向が強く、女性はしたたかに仕事をしていかなければ確かな地位を確立していくことが難しくなっています。これは昇進のために必要とされる社内政治においても同様のことが言えるようです。一般的には男性が女性の上に立っていくものだというような保守的な考えがあり、その意識が強い人が上層部に多いことが現状となっているからです。そのため、うまく上層部とのコネクションを作り上げて行こうと努力しそれが実ったとしても、ただ気に入ってもらえないということだけで昇進とつながらないということが典型的となっています。
しかし、女性であっても社内政治が通用するような平等さが実現されている比較的新興の企業では状況が異なってくるようです。女性であるということによって上層部の男性から人として好まれやすく、コンタクトが取りやすいというメリットがあるようです。それによって得られた機会に有能さをアピールすることができれば、重宝されて昇進へとつながっていくことになることもあるようです。
昇進を狙う女性は会社の新しさを参考にして、女性でも社内政治を行っていける環境を選ぶことが大切になってきます。その選択を失敗しなければ管理職として活躍する道も開けることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です